オットー 一世。 オットーの皇帝戴冠の歴史的意義

オットー1世

一世 オットー

聖職者であれば、その地位は世襲されないので、諸侯がその地位を世襲することは出来なくなり、また聖職者は文書の作成などに通じているので、彼らに国家官僚を兼ねさせることによって政府による統治にも利用できた。 コンラート二世(990年?~1039年)、ハインリヒ三世(1017年~1056年)、ハインリヒ四世(1050年~1106年)、ハインリヒ五世(1086年~1125年)と続く。

8

オットー1世 (神聖ローマ皇帝)

一世 オットー

しかし、451年6月20日。 曾孫は皇帝として即位。

12

オットー1世

一世 オットー

結局、オットー1世はこれを容れたが、それはイタリアをも自らの近親者に治めさせようという計画に反するものであり、この件での対立以来、オットー1世とコンラートの折り合いは以前ほど良好なものではなくなった。 ハインリヒ2世の後を継いで皇帝に即位、を開いたはコンラート赤毛公とリウトガルトの曾孫である。 そこで塗油の儀を受けることにより、自分がカール大帝の遺志を継ぐ者であることを世に示した。

13

オットー朝美術とは

一世 オットー

また、イタリア政策に重点を置いたので、本国ドイツ内では多くの有力諸侯が分立し全く統一されていませんでした。 帝国の崩壊の時まで使われていたというこの冠は、8枚のプレートを 環状 ( かんじょう )につないだ基本設計で、キリストや預言者のイメージなどが彫られている他、十字架やアーチがついている。 そうして、後のオーストリアという独立性の強い地域がひとつ生まれたわけであった。

2

オットー1世(大帝)とは

一世 オットー

しかし、12世紀頃から徐々に王権の強化が進み、フィリップ二世(1165年~1223年、在位:1180年~1223年)、ルイ九世(1214年~1270年、在位:1226年~1270年)、フィリップ四世(1268年~1314年、在位:1285年~1314年)らがその頂点を築いた。 各分国にはそれぞれ王がいたが、有力貴族が宮宰として実権を握っていた。

20

「東フランク」のその後~神聖ローマ帝国~│旅をする記

一世 オットー

アウストラシア分王国もその一つで、カロリング家のピピン一世(大ピピン:580年~640年)、次いで息子のピピン二世(中ピピン:635年?~714年)が宮宰を務めてきた。

12

ブルグントのアーデルハイト

一世 オットー

という事件です。

10

オットー[1世]とは

一世 オットー

中央ヨーロッパでは681年に遊牧民系のブルガール人がブルガリア帝国(第一次)を建設している。 カール大帝 クローヴィス一世がフランス北部とドイツ西部に跨るフランク王国を建設した頃、欧州はスペインの大半とフランス南西部を領有する西ゴート王国、イタリア半島中心に勢力を築いた東ゴート王国、ヴァルカン半島を中心に領有していた東ローマ帝国、フランス中南部に存在していたブルグンド王国などが存在していた。

15

オットー1世 (神聖ローマ皇帝)

一世 オットー

戴冠と相次ぐ反乱 [ ] 、ハインリヒ1世が没すると、諸大公はオットーを自分達の王として戴くことを承認した。 では、大移動の原因を作ったフン族の移動はどうして起こったのかという事に関しては現在もよく分かっていないが、遊牧民だった彼らは、北アジア・中央アジアの草原地帯が気候の変動で打撃を受け、生活上の必要から移動を始め、自分達の土地を得んが為にゲルマン民族を圧迫したのだとする説が根強い。 一方、バチカンの側としては付近を皇帝側に直接支配されるのは面白くは無いと言う面も有り、間の取り方が難しい所が在ります。

11