アラビア 音階。 アラビア音階をブルースに応用してみた

もっと音階

音階 アラビア

事実、全音音階はドビュッシーが作った(異説あり)ものだし、同じフランスの作曲家メシアンも独自の音階を作っています。

1

音階が言葉に聞こえる

音階 アラビア

たぶん。

11

【DTMで(アラビア)中東の民族音楽風のエスニックな曲作り・前半 】

音階 アラビア

セネム Senam• 以下に、各種のマカームについて例を挙げるが、マカームの説明は参考とした資料によって違いが大きく、ここでは表記に一体性が取れないことを注記する。 フェラーフフェザー(Ferahfeza)• さらにその構造上「ドレミファ#ソ#ラ#ド」と「ド#レ#ファソラシド#」の2種類しかあり得ません。 楽器 [ ]• 半音進行をいつ・どこに組み込むかはセンスの見せどころでもあるわけで、全く使わないのはもったいない。

6

アラブ音楽

音階 アラビア

サルマク• 柘植元一「アフリカ(マグレブ)」• ハサン・エフェンディ Hatip Zakiri Hasan Efendi(1545年 - 1623年)• さらに第2音が半音低い以外は、マカーム・ナウアシュルに似ている。

17

【DTMで(アラビア)中東の民族音楽風のエスニックな曲作り・前半 】

音階 アラビア

12セント。 2003年10月13日時点のよりアーカイブ。 四七抜きは、半音関係が全くなくなるため表情が「和」一辺倒になり、そこからの 個性や曲想を出しにくいという決定的弱みがありました。

6

アラビア音階をブルースに応用してみた

音階 アラビア

ガリーズ• あまり使いすぎるとしつこいけど時々使っていけるといい感じのアクセントになるんじゃないかなーと思いました。 ブーサリーク• ラスド• ズィルアーフカンド• カール Karr・・・楽しみ、喜びを表現• 他の音楽文化圏では、西洋古典音楽における「」、古典音楽における「」、中部伝統音楽におけるパトゥッ(パテット)、日本のにおける「調」である。 バスター・イスファハーン• ころにやの宮廷音楽家によってかたちづくられていった。

【DTMで(アラビア)中東の民族音楽風のエスニックな曲作り・前半 】

音階 アラビア

シイル - 詩。 ラースト• シャウキ・ディル• ムカムによっては、チョン・ナグマ部に含まれるヌスカがなかったり、ジュラがなかったりもする• 西洋古典音楽の短調と説明されることもある;ちなみに短調と違って「悲しい雰囲気」とされていない。

7