鎌倉 街道。 鎌倉街道上道埼玉編

鎌倉街道

街道 鎌倉

杉戸町教育委員会『さんぽ道』杉戸町〈郷土史料 第十八集〉、1987年。 浅間宮の前の道は、古の鎌倉街道で、上州信州への往還道である」とされ 、『吾妻鏡』でいう下道と推定される。

鎌倉街道上道

街道 鎌倉

」「の伝承で、の奥州下向の時、に滞溜し龍岩寺に軍勢が到着したため、門前の坂をと呼ぶ」とある。

10

鎌倉街道中道、栗橋

街道 鎌倉

建長4年(1252年)4月1日の条には、「関本宿を出発して固瀬宿に到着した。 『旧鎌倉街道 探索の旅』上道編、〈さきたま双書〉、さいたま、1978年10月30日。

鎌倉街道上道埼玉編

街道 鎌倉

また、鎌倉街道だったと言い伝えられながら、鎌倉街道の他区間とつながらない道がある。 埼玉県寄居町 赤浜天神沢遺跡 伝承鎌倉街道 約5〜6メートル• 途中で参加する武士達を吸収しながら、今の台東区鳥越2丁目の「鳥越神社」付近で川(隅田川)の渡河に困っていると、水鳥が浅瀬を渡っているのを見て渡河できたと言われる。

18

鎌倉街道

街道 鎌倉

2019年6月26日閲覧。 現況 [ ] 鎌倉街道「駒が橋」。 鎌倉幕府の御家人が 「いざ鎌倉」 の際、素早く馳せ参じるために整備された道路で、古代の官道や地方道を繋いで建設された。

鎌倉街道上道、所沢

街道 鎌倉

北から南を 望んだ写真。 鎌倉時代には集落の中に あったが、大池(鴨の池)の治水工事不完全にて多発する水害の ため村人は南部の高台に移転し、地名の町屋のみ歴史を残している。 寄居町赤浜から荒川を渡河した地点で、そのまま花園村を南北に縦断して深谷、岡部、 本庄方面に向かう鎌倉街道は花園村内では通称「榛沢瀬」(はんざわせ)と呼ばれる道である。

2