読み方 が 難しい 漢字。 「レイ」という読み方を持つ漢字一覧

【一文字の難読漢字100選!】一文字の難しい漢字の読み方と意味一覧

漢字 難しい 読み方 が

ちなみにブロッコリーは「芽花椰菜(めはなやさい)」「緑花椰菜(みどりはなやさい)」と書くそうです。 「鵜飼」は、鵜という鳥に水中で魚を飲み込ませた後、水上に引き上げて魚を吐き出させます。 「 貸」 代+貝 「 代わりに 貝を 貸してくれ」 「 貧」 分+貝 「 分けた 貝 貧しい人に あげましょう」 「 貴」 中+一+貝 「 中でも 一番 貝が 貴重」 このようにリズムに合わせて覚えるのです。

16

【難読漢字100選!】読めたらすごい難読漢字の読み方と意味一覧

漢字 難しい 読み方 が

難読漢字の送り仮名の読み方一覧 漁(あさ)る 剰(あまつさ)え 周章(あわ)てる 肖(あやか)る 侮(あなど)る 嘲(あざけ)る 与(あずか)る 慌(あわただ)しい 宛(あてが)う 普(あまね)く 遍(あまね)く 足掻(あが)く 紏(あざな)う 論(あげつら)う 厭(あぐ)む 誂(あつら)える 強(あなが)ち 仇気無(あどけな)い 糾(あざな)う 宛(あたか)も 白地(あからさま)に 訐(あば)く 麤(あらあら)しい 革(あらた)める 凡(あら)ゆる 遽(あわただ)しい 歉(あきたら)ない 恰(あたか)も 灼(あらた)か 足掻(あが)く 呷(あお)る 黝(あおぐろ)い 慊(あきたり)ない 謬(あやま)る 劾(あば)く 諍(あらが)う 諍(あらそ)う 関(あずか)る 紿(あざむ)く 倦(あぐ)む 倦(あぐ)ねる 争(いか)で 労(いたわ)る 医(いや)す 些(いささ)か 燻(いぶ)す 嘶(いなな)く 安(いずく)んぞ 焉(いずく)んぞ 苟(いやしく)も 訝(いぶか)しむ 雖(いえど)も 熱(いき)りたつ 奈如(いかん)せん 寿(いのちなが)ければ 況(いわん)や 徒(いたずら)に 稚(いとけ)ない 勤(いそ)しむ 弄(いら)う 弄(いじ)る 甚振(いたぶ)る 矯(いつわ)る 縛(いまし)める 吩(いいつけ)る 可憐(いじら)しい 打遣(うっちゃ)る 嘯(うそぶ)く 頷(うなず)く 魘(うな)される 狼狽(うろた)える 心淋(うらさび)しい 蹲(うずくま)る 呻(うめ)く 俯(うつむ)く 疼(うず)く 享(う)ける 堆(うずたか)い 麗(うら)らか 泛(うか)べる 恭(うやうや)しい 堆(うずたか)い 嘯(うそぶ)く 項垂(うなだ)れる 霑(うるお)す 踞(うずくま)る 末成(うらな)り 逸(うしな)う 魘(うな)される 督(うなが)す 倦(う)む 剔(えぐ)る 抉(えぐ)る 刳(えぐ)い 悍(おぞま)しい 夥(おびただ)しい 戯(おど)ける 痴(おこ)がましい 戦(おのの)く 女誑(おんなたら)し 貶(おとし)める 慮(おもんばか)る 烏滸(おこ)がましい 阿(おもね)る 徐(おもむろ)に 嚇(おど)す 鈍(おぞ)ましい 逐(お)う 淵(おくぶか)い 演(おこな)う 億(おしはか)る 衆(おお)い 扇 おだて る 疎(おろそ)か 煽(おだ)てる 排(おしのけ)る 喧(かまびす)しい 搗合(かちあ)う 揶揄(からか)う 忝(かたじけな)い 掻毟(かきむし)る 孵(かえ)る 庇(かば)う 翳(かざ)す 拐(かどわか)す 醸(かも)す 掠(かす)める 悴(かじか)む 畏(かしこ)まる 翔(かけ)る 象(かたど)る 託(かこつ)ける 曾(かっ)て 微(かす)かな 傾(かし)げる 跛(かたよ)る 蔵(かく)して 沐(からみあ)い 容(かたちづく)る 都(かっ)て 翳(かざ)す 孅(かよわ)い 騙(かた)る 寓(かこつ)ける 頑(かたくな)に 罹(かか)る 躱(かわ)す 挿頭(かざ)す 傅(かしず)く 僻(かたよ)る 叡(かしこ)い 佻(かるがる)しい 嘲(からか)う 牢(かた)い 感(かま)ける 喞(かこ)つ 嘗(かっ)て 煌(きらめ)く 焦臭(きなくさ)い 萌(きざ)す 佶屈(ぎこちな)い 燻(くゆ)らす 縊(くび)れる 燻(くすぶ)る 寛(くつろ)ぐ 括(くび)れる 挫(くじ)ける 焼(く)べる 昏(くら)い 呉呉(くれぐれ)も 櫛(くしけず)る 諄(くど)い 口遊(くちずさ)む 摧(くだ)く 擽(くすぐ)る 嗽(くちすす)ぐ 梳(くしけず)る 貶(けな)す 嗾(けしかけ)る 毳毳(けばけば)しい 鳬(ケリ)がつく 蹴躓(けつまず)く 蓋(けだ)し 拱(こまね)く 希(こいねが)う 爰(ここ)に 拗(こじ)れる 刮(こそ)げる 拘(こだわ)る 悉(ことごと)く 熟(こな)す 拘泥(こだ)わる 挙(こぞ)って 濃(こま)やか 零(こぼ)す 捏(こ)ねる 尽(ことごと)く 故(ことさら)に 寿(ことほ)ぐ 怺(こら)える 咸(ことごと)く 宛(さなが)ら 苛(さいな)む 囁(ささや)く 捌(さば)く 嘖(さいな)む 流離(さすら)う 蔑(さげす)む 貶(さげす)む 嘸(さぞ)かし 颯(さっ)と 然(さ)も 囀(さえず)る 麾(さしまね)く 浚(さら)う 悄気(しょげ)る 撓垂(しなだ)れる 淑(しと)やか 頻(しき)りに 凋(しぼ)む 設(しつら)える 姑(しばら)く 凍(し)みる 扱(しご)く 随(したが)って 了(しま)う 誌(しる)す 扱(しご)く 設(しつら)える 熟(じっ)と 彫(しぼ)む 頻(しきり)に 顰(しか)める 扶(しゃく)る 服(したが)う 確(しっか)り 滴(したた)る 懊(じれった)い 須(すべから)く 縋(すが)る 窄(すぼ)む 漱(すす)ぐ 頗(すこぶ)る 拗(す)ねる 矗(すっく)と 便(すなわ)ち 侑(すす)める 竦(すく)める 掬(すく)う 唆(そそのか)す 諳(そらん)ずる 欹(そばだ)てる 責付(せっつ)く 冷笑(せせらわら)う 謗(そし)る 猜(そね)む 殺(そ)ぐ 戦(そよ)ぐ 漫(そぞ)ろ 徐(そろり)と 欹(そばだて)る 聳(そばだ)つ 聳(そび)える 逸(そ)らす 唆(そそのか)す 逸(そ)らす 沸(たぎ)る 達(たっ)ての 窘(たしな)める 誑(たぶら)かす 忽(たちま)ち 滾(たぎ)る 屯(たむろ)する 謀(たばか)る 誑(たぶら)かす 駄弁(だべ)る 魂消(たまげ)る 踟(ためら)う 糜(ただ)れる 偶(たまさ)か 適(たまさ)か 騙(だま)す 窘(たしな)める 集(たか)る 昂(たかぶ)る 鏤(ちりば)める 些(ちっ)とも 啻(ただ)ならぬ 禿(ち)びる 撮(つま)む 遊牝(つる)む 掌(つかさど)る 倹(つま)しい 拙(つたな)い 審(つまび)らか 抓(つね)る 啄(ついば)む 噤(つぐ)む 呟(つぶや)く 夙(つと)に 序(つい)で 備(つぶさ)に 瞑(つむ)(つぶ)る 啄(ついば)む 潰(つい)える 蹉(つまず)く 具(つぶさ)に 劈(つんざ)く 夙(つと)に 躓(つまず)く 譜(つづ)く 衒(てら)う 挺摺(てこず)る 響動 どよめ く 吃(ども)る 蕩(とろ)ける 留処(とめど)なく 梳(と)かす 恍(とぼ)ける 轄(とりし)まる 迚(とて)も 疾っ疾(とっと)と 盪(とろ)ける 迸(とばっち)り 頓(とみ)に 準(なぞら)える 蔑(ないがし)ろ 嬲(なぶ)る 哭(な)く 均(なら)す 宥(なだ)める 准(なぞら)える 詰(なじ)る 懐(なつ)く 腥(なまぐさ)い 存(ながら)える 可成(なるべ)く 随(なが)ら 傾(なだ)れる 擬(なぞら)える 擲(なげう)つ 慟(なげ)く 滞(なず)む 鞣(なめ)す 綯(な)う 抔(など)が 詰(なじ)る 嘗(なめ)る 俄(にわ)か 亡(に)げる 日進(にっち)も三進(さっち)も 躙(にじ)る 額衝(ぬかず)く 泥濘(ぬか)る 労(ねぎら)う 嫉(ねた)む 拗(ねじ)ける 犒(ねぎら)う 懇(ねんご)ろ 惚気(のろけ)る 則(のっと)る 退引(のっぴき)ならぬ 法(のっと)る 燥(はしゃ)ぐ 勢(はず)む 捗捗(はかばか)しい 礑(はた)と 蔓延(はびこ)る 果敢(はかな)い 捗(はかど)る 憚(はばか)る 果敢無(はかな)い 剪(はさ)む 果無(はか)ない 蔓延(はびこ)る 逸(はぐ)れる 逸(はや)る 渉々(はかばか)しい 孚(はぐく)む 拓(ひら)く 乾涸(ひから)びる 犇(ひし)めく 私(ひそ)か 怯(ひる)む 窃(ひそ)かに 跪(ひざまず)く 酷(ひど)い 痙(ひきつ)る 偏(ひとえ)に 僻(ひが)む 繙(ひもと)く 跪(ひざまず)く 痙(ひきつ)る 惹(ひ)く 揮(ふる)う 巫山戯(ふざけ)る 抗(ふせ)ぐ 潤(ふや)ける 諂(へつら)う 謙(へりくだ)る 遜(へりくだ)る 迸(ほとばし)る 綻(ほころ)ぶ 縦(ほしいまま)に 絆(ほだ)される 熱(ほて)る 北叟笑(ほくそえ)む 綻(ほころ)ぶ 暈(ぼけ)る 解(ほぐ)す 穿(ほじく)る 恣(ほしいまま)に 剔抉出(ほじくりだ)す 随(まにま)に 眴(またた)く 枉(ま)げて 寔(まこと)に 塗(まみ)れる 眩(まばゆ)い 眩(まぶ)しい 瞬(まばた)く 況(ま)して 戍(まも)る 微睡(まどろ)む 健(まめ)な 弄(まさぐ)る 況(まして)や 禍々(まがまが)しい 随(まにま)に 跨 またが る 塗(まぶ)す 面(まのあた)り 洵(まこと)に 駁(ま)じる 見縊(みくび)る 濫(みだ)りに 猥(みだ)りに 瞠(みは)る 見窄(みすぼ)らしい 漲(みなぎ)る 妄(みだ)りに 妊(みごも)る 見蕩(みと)れる 寧(むし)ろ 叢(むらが)る 毟(むし)ろ 饕(むさぼ)る 咽(むせ)る 嘔(むかつ)く 眴(めくば)せ 凭(もた)れる 持囃(もてはや)す 縺(もつれ)る 悖(もと)る 翫(もてあそ)ぶ 懶(ものう)い 弄(もてあそ)ぶ 踠(もが)く 吝(やぶさか)でない 動(やや)もすれば 窶(やつ)れる 疚(やま)しい 疾(やま)しい 忰(やつ)れる 矢場(やにわ)に 恬(やす)らか 舎(やど)る 撼(ゆる)がす 宥(ゆる)す 蹌踉(よろ)ける 蹌踉(よろめ)く 蹣跚(よろめ)く 過(よぎ)る 凭(よ)る 欣(よろこ)ぶ 説(よろこ)ぶ 縦(よし)んば 邪(よこしま)な 弁(わきま)える 態(わざ)と 蟠(わだかま)る 嗤(わら)う 悪怯(わるび)れる 喚(わめ)く 航(わた)る 難しい漢字の送り仮名の読み方 まとめ 以上、難読漢字の送り仮名を紹介しました。 読み方:すすき イネ科ススキ属の植物で、「芒」とも書きます。 オススメ商品レビュー• okraの発音から「おーかれ(んこん)」となったという説があり、オクラではなく陸蓮根と呼ばれていた時期もあったそうですよ。

11

意外と読めそうで読めない漢字一覧|難しい読み方の食べ物は?

漢字 難しい 読み方 が

春の若芽は食用になり、餅に入れることから「餅草(もちぐさ)」とも呼ばれています。 「虫(「小さいもの」と「見(現れる)」を組み合わせて、浅瀬に姿を現す小さな貝という意味があります。

18

【読めそうで読めない漢字】簡単そうなのに読み方が難しい漢字!

漢字 難しい 読み方 が

「うちの上司は部下のミスを論うことが多い」や「今更昔のことを論うことはないだろう」のように使います。 もうひとつの意味は「おっしゃること」という意味です。

7

意外と読めそうで読めない漢字一覧|難しい読み方の食べ物は?

漢字 難しい 読み方 が

誰もが読める漢字を使うことが大切です。 そこで、モロコシの別の漢字「蜀黍」に「玉」の字をあてて「玉蜀黍」としたそうです。

3

【読めそうで読めない漢字】簡単そうなのに読み方が難しい漢字!

漢字 難しい 読み方 が

とぐろとは、蛇などが、からだを渦巻き状に巻いた状態でいることや、その状態そのものを意味します。

20