フィゾー の 実験。 フィゾーが光速度を測定した方法(1849年)

フィゾーの実験:物理学解体新書

実験 フィゾー の

その干渉縞の移動量を観察するのです。

17

フィゾーが光速度を測定した方法(1849年)

実験 フィゾー の

実際に hにガラス板を挿入させたり、光路に火のついたマッチをかざしたりしてさえも干渉縞の中心がずれない程であった。 . 2. 3. 4. 5.参考文献 5.参考文献 フィゾーの実験を解りやすく説明した本やHPが見あたらないので、大いに努力して解りやすくしました。 実験結果をめぐる科学的議論 [ ] フレネルの仮説はフィゾーの実験結果を説明することには成功したものの、フィゾー自身を含め(1851年)、(1872年)、Ketteler(1873年)、Veltmann(1873年)、ローレンツ(1886年)などこの分野の多くの指導的な専門家は、フレネルの部分エーテル引きずり仮説が理論的には根拠の薄いものだという見解で一致していた。

13

フィゾーの実験とは

実験 フィゾー の

圧力をかけて作られた水流が長時間は保たないからである。 ] しかし、 この値は実際の観測値0. [] アラゴのプリズム実験と同様な実験が1871年に行われたエアリーの水望遠鏡実験です。

18

qG9K2 ■わかりやすい高校物理の部屋■

実験 フィゾー の

後にフレネルの引きずり係数は相対論的な速度の加法則から従うことが示される。

9

光速の測定 ■わかりやすい高校物理の部屋■

実験 フィゾー の

彼の得た値は3. この結果を三つの仮説とつきあわして、どれが正しいのか確認してみましょう。

アルマン・フィゾー

実験 フィゾー の

そのとき別稿「」で説明したように振動する双極子は周囲に電磁波を放出する。 Physical Review Letters 56 23 : 2441—2444. つまり光の伝播速度は、光が伝播する媒質の運動に引きずられて増加する。 マイケルソンはフィゾーの装置を設計しなおし、より太い管を使うようにし、より大きい水の貯蔵器を使って一定の速度の水流が3分間も保つようにした。

6

フィゾーの実験とは

実験 フィゾー の

歯車の回転数 n が小さくて, c D t が往復の距離 2 l を越える場合 c D t > 2 l を考えよう。 図 をみるとわかるように,反射して帰ってきた光の先頭部分は, O 点が歯車の歯で閉ざされる前に,長さ c D t - 2 l の分だけ O 点を通過している。

18